個別指導塾のリモートが急増?リモートでも成績が上がるコツをご紹介

勉強を教える 学力UP

1,個別指導塾でのリモート導入が増えている

コロナ禍が大きく影響し、対面授業の代替案として始まったリモート導入を機に、最近では個別指導塾でのリモート導入がますます増えてきています。

次の記事では、大手塾もリモートとして映像授業を導入した例が書かれています。

中学受験 大手塾が映像授業に変更 家庭学習コツは

Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

そんなリモート学習には、プラス面とマイナス面がそれぞれあります。

パソコンやネット環境など必要なものを揃えたり、自宅での勉強に工夫を要するデメリットがある一方で、曜日や時間をある程度自由に決められる柔軟さや、周囲の環境に影響を受けることなく学習できることが人気のようです。

オンライン学習のメリット

  1. 曜日・時間を自由に決められる
  2. 友達や教室の環境を気にしなくてよい
  3. 出かける面倒さがない

オンライン学習のデメリット

  1. ネット環境を整えなくてはならない
  2. 自宅での勉強に工夫が必要

2,リモートで成績を上げるにはコツがいる

実際にリモート上で成績を上げるには、「なんとなく頑張ろう」といった気持ちでは失敗してしまいがちです。なぜかというと、リモート学習する環境の多くは、あなたが一番くつろげる「自宅」だからです。勉強しよう!と意気込む人は、このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

  • ついついスマホを触ってしまう…
  • 10分寝るつもりだったのに、気づいたら2時間経っていた…

こうした経験はありがちなことですが、あるポイントを意識すれば改善することができます。今回は、この記事を見てくださっている、やる気に満ち溢れた人のために、自宅でのリモート学習で成績が上がるコツを紹介します。

家庭教師2

3,リモートで成績を上げる3つのポイント

結論からお伝えしますと、以下の3つを意識することで、リモートでの勉強でも成績を向上することができるようになります。

  1. 決めた時間に、todoリストを始める
  2. 睡眠時間をしっかりととる
  3. スマホの使い方を見直す

この3つのポイントを見て、「成績向上には関係なさそう」と思った方もいるのではないでしょうか。一見そう思えるこれらの項目が、意識をすることで、勉強に集中するためのスイッチに変わるのです。

では、具体的にどんなことをすればいいのかを見ていきましょう。

決めた時間に、todoリストを始める

人間だれしも、やりたくないことを後回しにしてしまいがちです。

そんな「ついつい後回しにしてしまうこと」は、リストにまとめて可視化すると取り掛かりやすくなります!はじめに、その日にやらなければならないことをリストにまとめましょう。

例えば以下のように書いていきます。

英語…和訳プリント、単語調べ、単語テストの勉強
国語…要約課題、古典の単語調べ

このように、自分が何をするのかを細かく書いていきましょう。細分化すればするほど自分がやらなければならないことが整理できます。

できれば、平日は学校にいる間にまとめ、休日であれば1日の早い時間にまとめるとよいです。そうすることで、より自宅での時間を有意義に過ごせます。

整理したら、書き出したリストを見て優先順位が高いものから番号を付けていきます。

そして次に大切なのが、必ず勉強する時間を作ること。時間を自由に決めることができるオンライン学習ですが、「いつでも」できることで後回しにしてしまう可能性があります。そして、「勉強しなきゃ」と思っていても、なかなか勉強机に向かう気持ちにならないものです。

その悩みは、「この時間には絶対に勉強するぞ!」と時間を決め、勉強を習慣に取り入れてしまうことで解決できます。

例えば、「学校から帰ってきてから夕飯までの2時間」などというように決めるとやりやすいです。その時間になると必ず机に向かってtodoリストをおこない、習慣化を目指して今日から始めていきましょう!

勉強が続かない人の意外な盲点。“あたりまえに” 勉強ができる人は必ず「時間」と「場所」を決めている。

STUDY HACKER

やっていくうちに、todoリストがゲームのクエストのように感じられ、楽しみながらやる事をこなしていけるようになりますよ!

子供の勉強

睡眠時間をしっかりととる

睡眠不足で勉強机に向かっていると、睡魔に襲われ集中することができません。

適切な睡眠時間は、6~7時間といわれています。

夜遅くまで勉強したとしても、次の日の学校の授業時間中に眠くなってしまっては本末転倒ではないでしょうか。勉強したことが無駄にならないように、これまでよりも質を高め、勉強量を増やすためにも、最低でも6時間を睡眠時間として確保できるとよいでしょう。

また、代々木ゼミナールの記事によると、人は眠っている間に記憶を定着させる性質があるようです。勉強したことをより記憶に定着させるために、しっかりと睡眠をとることを心がけましょう。

受験勉強と睡眠時間の関係について

代々木ゼミナール

スマホの使い方を見直す

ついつい何時間も触ってしまうスマートフォンは、勉強するときには近くに置くことを避けましょう。勉強している間だけはリビングにおいておくことや、親に預けるという方法もあります。

どうしても使いたいときは、「親のいる前で時間を決めて使用する」といったルールを決めてもいいかもしれません。

いずれにしても、あなた自身の決意がなければスマホから離れることはできません。ここは、一度心を鬼にして、両親にスマホを預けてみてはいかがでしょうか。

しかし、少し検索するときに使いたい、友達にテストの範囲を教えてもらいたい、などスマホが手放せない場合もあると思います。

その際は、手元に置いておくと通知が来たときに気になってしまうので、SNSの通知をオフにすることで集中が切れてしまうことを防ぎましょう。できるだけ通知を切り、自分から見に行く状態にすることが、スマホとうまく付き合っていく秘訣です。

逆に、スマホを使って勉強のモチベーションをアップする方法もあります。

それは、重ねたテキストや教科書の間にスマホを挟み、「ここまで勉強したらスマホを見るぞ!」という方法です。

ここで注意しなければならないのが、ついつい自分に甘くして目標自体を簡単にしすぎることです。「あと30分はスマホを見ないぞ」「このページを解き終わるまでは頑張るぞ」と、具体的な数値を目標とするといいでしょう。

休憩時間のほうが勉強時間よりも長くならないように注意してくださいね。

4,自分に合ったスタイルを探してみよう

このように、ちゃんと勉強できるポイントを紹介してきました。

最善の学習方法が見つかり、やる気が継続した状態で勉強することが成績向上への近道となります!自分はどんな環境で学習したいのかを考え、あなたに合った学習方法を探してみましょう。

自分に合う勉強方法を試しながら「1人で勉強することが苦手」と感じている人や、「学校の授業についていくのが不安」という人は、オンライン家庭教師という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。通常の家庭教師は、講師が家に来てくれるため掃除をしなくてはなりませんが、オンライン学習ではもっと手軽に授業を受けることができます。

パソコンやスマホで顔を移すので、机の周りの掃除だけしておけば大丈夫です。家庭教師を家に呼ぶよりも、確実に掃除する手間を省くことができるでしょう。

また、こちらの記事はリモートワークを行う社会人向けの要素が強いですが、リモートでの学習をすすめようと検討している皆様に参考になると思います。

リモートワークやオンライン学習を効果的にするTip集

ICT for Development .JP All Rights Reserved.