家庭教師と集団塾を徹底比較。集団学習のメリット・デメリットとは?

集団塾 学習塾

自宅での学習が不安になってきたとき、塾や家庭教師を検討される方が多いと思います。しかし、最近ではさまざまな学習環境があることから、結局は「集団塾」と「家庭教師」がどちらがいいのか、お悩みではないでしょうか。

この記事では、どちらが自分に合っているかわからない…という方のために、集団塾と家庭教師のそれぞれのメリットとデメリットを紹介します。

1,それぞれにメリット・デメリットが存在する

皆さんがイメージしている通り、「家庭教師」は先生と生徒の1対1での指導を軸としており、「集団塾」は1人の先生に対し、6人以上の生徒が同じ授業を受ける指導を軸としています。

実は、この「周囲の環境」こそが、「家庭教師」と「集団塾」での大きな違いとなります。この違いは、家庭教師と集団塾のそれぞれの特徴に拠るものです。

では、本質的にどんな違いがあるのでしょうか。具体的に、次の項目で家庭教師と集団塾のメリットとデメリットをお伝えしていきます。

2,家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット

①自宅での勉強習慣が身につく

自宅の環境が一番勉強しやすいと思っている人、また、自宅での勉強は苦手だけど、これから勉強する習慣をつけたいと思っている人は、家庭教師が向いていると言えます。

家庭教師の最大の特徴は、なんといっても「自宅で勉強ができる」ということ。

先生が自宅に来てくれるので、面倒な通塾をする必要はありません。

自宅での勉強が苦手という人も、最初は先生が自宅に来てくれる時間だけかもしれませんが、慣れていくうちに一人で、集中して勉強する習慣を身に着けることができるのです。

勉強しよう!と意気込んだことがある人は、今までに「家で勉強をしていると眠くなってしまう…」ということや、「少しだけ使用と思った掃除がはかどってしまい、結局勉強しなかった」ということはないでしょうか。自宅で集中して勉強を進めるきっかけとして、家庭教師に頼む人も多いようです。

②友達や教室の環境を気にしなくてよい

「コミュニケーションをとることが苦手」「学校では質問がしにくい」

こういった考えを持つ人にとっては、家庭教師が向いていると言えます。

集団塾だと、「周りの友達が苦手…」ということや、「他の生徒のせいで質問する時間があまりない…」など、環境が気になることもしばしば起こってしまいます。しかし、家庭教師は自宅で授業を受けることができるので、”教室の環境”や周りの人のことを気にする心配がありません!完全に先生の授業を独り占めできることから、安心して授業に集中することができるのです。

家庭教師のデメリット

①家をきれいにしなければならない

家庭教師の先生が自宅に来るということで、家を掃除しなければならないと負担になってしまうことがデメリットとして挙げられます。

しかし、オンライン上で家庭教師の先生と顔を合わせる「オンライン家庭教師」では、このデメリットを払拭できる可能性がありますので、詳しくは後述する(5,オンライン家庭教師という手段もある)の項目をご覧ください。

②気疲れしてしまうこともある

中学生にとって、少し年の離れたお兄さんお姉さんに教えてもらうことが緊張してしまうこともあります。完全に1対1で対応してもらえるうえに自宅での学習という質問しやすい環境のため、早く打ち解けて楽しく会話することができればいいのですが、とはいえコミュニケーションは難しいものです。家庭教師は、相性のいい先生と出会えることが肝心といえるでしょう。

メモを取る

3,集団塾のメリット・デメリット

集団塾のメリット

①切磋琢磨し合える仲間に出会える

宿題をやっていて分からないところを質問し合ったり、休み時間の息抜きにおしゃべりを楽しんだりと、コミュニケーションが好きな人にとっては集団塾は家庭教師よりも楽しく学べる環境でしょう。

また、周りを意識しながら勉強することができるのも集団塾のメリットとして挙げられます。同じクラスで塾内テストが行われ、順位や点数が張り出されることもあります。特に、ある程度勉強ができる生徒は「周りの友達に負けたくない」という気持ちになり、モチベーションアップにつながります!

さらに、集団塾の生徒は同じ学校の生徒がいることが多いので通塾に安心です。夜遅くになってしまう集団塾の授業は、授業の終わり時間が一緒になるため、友達と通塾できれば安心だと思います。

②定期テスト対策や受験勉強の知識が豊富

同じ学校の生徒が通うことが多い集団塾は、一つの学校に対する定期テストの過去問をたくさん持っている傾向があります。家庭教師の先生は学校の定期テストの範囲に関して教えてくれますが、なかなか定期テストに対する情報を持っている先生は少ないのです。

「〇〇先生のテストは、図や資料の問題が絶対出る!」
「〇〇学校は、毎年この問題が出る!」

といった、有益な情報を得ることができます。

集団塾のデメリット

①周囲からのプレッシャーを感じてしまうことがある

メリットとして「切磋琢磨し合える仲間に出会える」ことが挙げられますが、常に友達と同じ授業を受けることになるため、コミュニケーションが苦手な生徒や、周りと比べることが苦手な生徒にとっては負担になってしまうことがあります。

プレッシャーで頑張れるか緊張しすぎてしまうかは、周囲の友達との関係によって左右されます。良い点もある一方で、教室の環境が気になってしまうことはデメリットとして挙げられるでしょう。

②授業のスケジュールが固定されている場合が多い

集団塾の授業は、家庭教師と比べ、「中3数学は火曜日」「中3英語は木曜日」といったように固定のスケジュールで行う場合が多くなります。そのため、他に習い事を行っていたり、部活動で遅くなってしまったりする場合、希望の時間帯に授業を受けることができないかもしれません。

さらに、家庭教師よりも1コマあたりの授業時間が長いことが多く、忙しい生徒には体力的にもつらくなってしまう可能性があります。集団塾によっては休んでしまった授業も振り替えてもらえるところもありますので、まずは問い合わせをしてみることをおすすめします。

4,オンライン家庭教師という手段もある

家庭教師のメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、実は、最近人気が高まっている「オンライン家庭教師」という手段があるのをご存じでしょうか。

オンライン家庭教師は、その名の通りPCやスマートフォンを使った「オンライン上」での授業形態のことを指します。

オンライン家庭教師には家庭教師よりも良い点があります。

家庭教師は講師が家に来てくれるため、自分が外出しなくてもよいサービスですが、家に呼ぶことで掃除をしなくてはなりません。

しかし、オンライン学習ではもっと手軽に授業を受けることができます。

パソコンやスマホで顔を移す必要があるため、机の周りは綺麗に掃除をしなくてはなりませんが、家庭教師を家に呼ぶよりも、確実に掃除する手間を省くことができるでしょう。

女子高生

簡単に、オンライン家庭教師のメリットとデメリットをお伝えします。

オンライン家庭教師のメリット

  1. 曜日・時間を自由に決められる
  2. 友達や教室の環境を気にしなくてよい
  3. 出かける面倒さがない

オンライン家庭教師のデメリット

  1. ネット環境を整えなくてはならない
  2. 自宅での勉強に工夫が必要

財経新聞によると、カメラを使って先生と顔を見ながら授業を受けられることから、適度な緊張感をもって学習ができることが人気のようです。

タブレット学習はもう限界!? オンライン家庭教師が人気急上昇のわけ

財経新聞

また文科省によると、そのどちらの利点も兼ね備えた「ハイブリット」型の授業を推進しており、これからの学習の仕方が変革されつつあるのです。

対面指導とオンラインのハイブリッド化 文科省が提示

教育新聞

5,自分に合ったスタイルを探してみよう

家庭教師、集団塾のどちらにもメリットとデメリットがそれぞれあります。

お伝えしたメリットとデメリットをもとに、自分の学習方法を見直すきっかけとなれば幸いです。最善の学習方法が見つかり、やる気が継続した状態で勉強することが、成績向上への近道となります!

自分はどんな環境で学習したいのかを考え、あなたに合った学習方法を実践してみましょう。